もう10年?まだ10年?

病院
12 /13 2010
今回ちょっと重い話になっちゃうかなと思うんだけど、丁度10年なので記事にしちゃいます。
10年前の11月末、体調崩した私。
腹痛と不正出血繰り返し病院に行く事に。
病院に行く時はこの出血止めてもらえば腹痛も貧血も治まる、その位の気持ちで病院に行きました
ご近所の病院に行ったんですが、その病院では対応できないと紹介状を書いてもらい国立病院に行くことに。
国立病院で血液検査、尿検査、レントゲン検査、CT検査、心電図、内診、エコーと受け、その結果は卵巣癌でした
大まかに分けて4段階まである癌でレベルⅡでした。
12月4日入院、12月8日手術となりました。
検査では転移は見えないけど目に見えない位の小さな転移があるかもそれないとのこと。
卵巣摘出手術となるんだけど、お腹を開いて卵巣のみではなく子宮の方まで摘出となる可能性もあることも説明されての手術でした。
結果的に摘出されたのは卵巣、摘出できるリンパ全部、腸の一部分でした。
当時29歳だった私(年齢ばらしてるやん)年齢的にも子宮だけでも残した方がいいという担当医の元、子宮を残し、摘出できる部分は全部摘出となりました。
手術してそれで全て終わりではなく、その後の治療、投薬と10年経った今で続いてます。
手術前に子宮の大きさは通常親指大なのに癌で大きくなり、20センチ位まで大きくなってたことも聞いてました。
それでも今、元気です。
摘出できる部分は全部摘出できたからか気になってた転移の心配もなく、また、再発もする事無く10年の年月が過ぎました。
定期的に病院に行ってるものの今ではあれは非現実だったように感じる事もあるんですが、現実を物語る手術痕は今でもくっきり残ってます。
手術後、リンパに細菌が入って体温計ぶっちぎりの高熱が出たこともありましたしね
あれから10年、この年月が早いと思うのか、遅いと思うのかは人それぞれだと思いますが、この事があったから言えることもあります。
この時まだ20代だった私は検診を受けてませんでした。
私と同じように大きな手術になる前に、検診を受けるのに早すぎるってのはないと思うのでお近くの病院で検診について聞いたら教えてくれると思うので、自分の体を守るためにも早め早めに検診受けてもらいたいなって思います。
あ、年明けにまた検診に行ってきます

12月ってのは何かあるのかこの手術をしたのも12月ですが、シルビアを亡くしたのも、ティアナを迎えたのも12月、ついでに私の誕生日も12月なんですよね~。
因縁でもあるんでしょうかね~
今回、お知らせと言うか、記録として残しておきたいだけの記事となってしまいました
次回はわんこ記事・・・のつもりです。
どうなるか分からないけどね><
今回ただの記録となってしまったしコメント欄閉じておこうと思ったんだけど、やり方がわからない
まだまだブログ製作の勉強しなきゃなりませんな^^;

こんな記事だけど検診て大切なだって思えたら拍手して帰ってもらえたら嬉しいです
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

元気で明るいしるびあママさんですが
大変な目にあっていたんですねぇ・・

わたしも、33歳の時(どっぷり厄)に
風邪からマイコプラズマ肺炎になって
病院に行ったら即入院。
肺炎は、2週間ぐらいでなったけど
咳混んだはずみで、ぎっくり腰になってねぇ・・
9月に入院して、退院は12月のクリスマス直前だった
いまでも、肺炎は気をつけています。

いつまでも、元気でOW出会えるように、
お互いにからだケアしましょうね。

No title

しるびあさん、お子さんが大きいので
勝手にもっとお姉さんと思ってたのでびっくりなんですが。。。
私より1才お姉さんなだけでしたー!
よろしくです^^;

私の子供が小さいのは不妊&子宮外妊娠など色々で^^;

なので私のお腹にもおっきい傷があります。
7匹の子ヤギを食べた狼のようです(涙)

片方の卵管を取っただけなのに
もう死んでしまいたいと落ち込んだと事を思い出しました。

10年前。。。
いつも元気なしるびあさんからはとても想像できない
事があったんですね。

検診は行ってますよ。
けど乳がん検診は一回行って以来
なんとなく嫌で行ってません。。。
行かないとダメですね。

もっと検診も身近なものにして欲しいです。
集団検診とかでなく。。。

No title

10年…早い様な、長い様な、複雑な気持ちです。
電話で、手術するって聞いたあの日、ビックリしてうろたえまくる私に
「大丈夫よ!落ち着いて!」って言ったしるびあさん。
私の方がパニックになっちゃって、今思い出しても恥ずかしい…(-_-;)
けど、あの時は本当に怖くて足がガクガクしました。
だから、手術が成功したって聞いて、病院に会いに行った時、
しるびあさんの笑顔が見れて、本当に嬉しかったな~(^v^)

これからも体には気をつけて、元気にかっ飛ぶスーパーしるびあさんでいてね❤

耳痛いでーす

あれから10年ですか・・・退院後、待ち合わせしましたねー、どんな姿になってるだろうと、ドキドキしながら待ってたなー。全然変わってなかったけど(^^)
話してみたら、病み上がりとは思えん爆笑ぶりでほっとしたもんです。

私もね、検査受けなきゃいけないだろうなーと、思いつつ、腰引けてます。
もうすぐ市から無料検診のクーポンもらえるようになるので、諦めて受けよう・・・・・・・

10年前とてもつらい思いをしたんですね(;_;)
そういえば、自分の体のこと真剣に考えたこと無かったな~(ρ°∩°)
色んな持病はあるけどwww

改めて自分自身は大事にせないけんと思いました
ピンクリボン万歳( ̄∀ ̄)www

No title

お若い時期にそんなことがあったんですね。
でも、10年後にお元気で過ごせて、治療を頑張った甲斐がありましたよね!
私も3年弱前(多分厄年・・・)ですが、片側卵巣とその周辺の癒着剥離のオペをしました。
結果ただの内膜症だったけど、卵巣が9cm腫れていて癌の可能性もありますと言われ、結果が出るまでビクビクでした(^-^;
20cmって結構違和感ありませんでした???
私もそれ以降年に3~4回は定期健診してもらってます。
問題ないと言われ、ホッとしてます(*^-^)
ただ、まだ乳がん検診だけしたことないです。
痛そうだし、掴むところあるのかしら!?という状態です(@_@)

No title

こんにちは^^
この10年、ほんとに大変でしたね。
とっても元気な姿なので、全然分かりませんでした><
ですが、転移もしていませんし、治療・投薬のみでよかったです!!!
神様は居ますね!!!
私も、必ず健診は行っています。
この先の事なんか何があるか誰にも分からないし、怖いですもんね。
倒れたりでもしたら、3コギちゃん達のママの代わりなんていませんもんね♪

♪お返事♪

♪れっくママさん
今では元気だけど病気したこともあるんですね~。
れっくママさんも大変な時があったんですね。
9月から12月まで入院って長いですな~。
私は12月頭に入院して年末に帰れたからいい方なのかな^^;
元気じゃないと撮影会にいけないし、お互い体に気を付けていつまでも元気に参加しましょうね(○^^○)
インフルエンザは毎年恒例のようになるんだけど肺炎はなったことない私でした。

♪まき@くりーむ☆ぱんださん
実は私も勝手にまき@くりーむ☆ぱんださん、私よりずっとお若いと思ってました^^
不妊や子宮外妊娠ってホントにツライ思いしましたね。
治療考えたらだけでもツライ経験だと思います。
それを乗り越えて今お子様がいてぱんちゃんもくりーむちゃんもいて大きな幸せ掴みましたね^^
乳癌検診てなんか、行くのがちょーっとブルーになりますよね~。
わかります><
私も仕方ないから行くって感じですよ。
お互い体には気をつけていつまでも元気でいましょうね!

♪たかママさん
あれから10年、早いようなそうじゃないような・・・ねっ。
電話した時にたかママさんがすっごく動揺してくれたの覚えてるよ。
自分が病気になるよりも病名聞いた周りの人の方が動揺しちゃうんだよね。
手術後、わざわざ遠くから病院まで来てくれた事、すっごく嬉しかったな~^^
あの時たかママさんが来てくれたから元気になるのも早かったんじゃないかな。
今以上元気にかっ飛んでたらスーパーババアになってしまうわ(笑)

♪ロビン代理母さん
あれから10年だよ。
いやー、入院しようが手術しようが人間の本質って変わらないもんじゃないのかなってね。
あの事があったから検診は早めに行こうって思えるようになっただけ進歩したかな?
検診って腰引けるよねー。
わかるわ。
私もこういうことがなかったら行ってなかっただろうなって思うから。
でも、こういうこと未然に防ぐためにも行こうね^^v

♪大坪さん
10年前、いろいろあったんですねー。
今じゃ殺しても死にそうにないって言われそうなくらい元気だけど^^
若いから大丈夫って必ずしも言い切れるとは限らないこともあるだろうから大坪さんも自分の体大切にね。
たまには気分の体の事考えて休息も必要ですよん^^
去年は行けなかったピンクリボン運動、今年は行ってきましたよ♪

♪コーギー愛好家さん
コーギー愛好家さんも大変な思いしたんですね。
手術してまだ3年だったら痛みも不安もはっきり覚えてるし恐怖感も残ってますよね。
内膜症は癌と違って転移の心配はないとは言えやっぱり怖い病気ですよね。
お互い体大切にして元気でいましょうね^^
20センチになるとお腹丸くなるんですよ。
その年、毎週のように飲み会に参加してたから最初は太ったんだと思ってたんだけど、体のだるさから始まって不正出血、腹痛、貧血といろんな症状が出てきて病院行きに。
検診=30代になってからって思ってたからこんな事になったんですけど。
乳癌検査「お胸なくても掴めるんですよ」って看護婦さんににこやかに言われがっつり掴まれました><
痛いです、はい(泣)

♪コロママさん
只今絶好調に元気です^^
ただ、検診て30代からって思いがあって20代の時に受けたことがなかったんですよね。
自分がこうなった以上、生きた体験ってことでお友達には早めに行ってねって思っちゃいますけど。
かなり大きくなってたから検査じゃわからない転移の可能性があるって言われてたんだけど癌組織の表面に膜がはってたようになってたお陰で転移がなかったんですよ。
強運と言えば強運になるのかな。
コロママさんお若いのに検診行ってるんですね。
自分の体の為、家族の為ですもんね^^

No title

しるびあさんのご病気は29歳の時だったんですね、
大変な病気を乗り越えていまがあるんですね。
若い時だから定期健診なんて普通しないですもんね。
偶然ですが、私も29歳の時卵巣ガンの疑いがありと
いわれ、開腹手術・・・結局卵巣のう腫だったんですが、
病理の結果が出るまでの手術台の上で、
生きた心地がしなかった記憶がありますです。
それもあって乳ガン、子宮ガンの検診は定期的に
するようになりました。
本当に健康が一番ですよね♪

♪お返事♪

♪hideさん
私の病気は29歳の時でした。
検診って30代になってからってイメージがあって受けてなかったのが原因かなって思います。
今だから「検診受けるのに若すぎるって事はないと思うよ」って言えるんですよね。
hideさんも大変な思いされたんですね。
健康が一番、病気した事のある身だからこそそれが身にしみますよね。
可愛い子たちの為元気でいなきゃなりませんよね^^

しるびあまま

ウィング・2006年5月20日生まれ
リバティ・2007年5月13日生まれ
ティアナ・2009年12月16日生まれ
仲良し(?)夫婦のウィング&リバティに愛娘のティアナ。
いろんなとこにお出掛けしたり、撮影会に参加したりしてます。
お気軽にコメント下さいね。